競輪に単勝や複勝が無い理由

競馬から公営競技を覚えた層が、競輪もやってみようかな?と思った時に結構戸惑うのが単勝や複勝が競輪には存在しないという違和感。

昔はあったんですよ。競輪にも単勝や複勝が。場内の隅っこの、ひと気がない窓口でひっそりと売られてたりしました。

売上と組み合わせ数が少ないから元返しもしばしば発生するわけで、元返しだと主催者はテラと呼ばれる手数料を稼げないので、できれば売りたくないわけです。

売りたくないから売場の数を減らしたりすると、余計売れず、そして結局3連複と3連単を導入するタイミングで競輪の単勝と複勝は姿を消しました。

ビギナーにとっては単勝や複勝はわかりやすくて良いのですがね。

競輪特有のラインという考え方があるので、連勝式車券の方が競輪の本質に近いような気もしますが、これはビギナーにとってはハードルがちょっと高い場合もあります。

競輪の面白さはラインを中心とした人間同士の駆け引きにあると思いますが、ビギナーがもっとも難しいと感じるのも、またラインを中心とした駆け引きを予想する事です。

これが単勝・複勝があれば、とりあえず好きな選手を単勝で買う。というシンプルに競技として応援できるんですが、連勝式車券だとそうはいきませんよね。

かと言ってネット投票が普及した今でも、やっぱり単勝・複勝が復活したとしてもあまり売れないだろうな…という事は容易に想像できます。

ただ、本来だと選手個人を応援できる単複よりも、枠複・枠単という今や誰も意識していないであろう「枠」を対象とした車券の方が廃止されて然るべきという気もしますけどね。

結局ファンが求めているのは配当なのでしょうか。

競輪必勝法研究の集大成!

先日、岸和田競輪場でほぼ全レース的中を実現しました。そんな私の競輪必勝法研究の全てをぶち込んだ渾身の1冊競輪必勝法の考察好評公開中です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする