競輪予想のコツ 車券の当て方 儲け方

今回は競輪予想のコツ、それから車券の当て方や儲け方についてお話ししたいと思います。

競輪予想のコツはなんと言ってもラインと呼ばれるチーム戦をどう読むか?が大きなポイントになるのですが、これが初心者には難しいので、今回は初心者でもわかるように簡単に話したいと思います。

  • 「ラインを組む」=「数人で1つのチームをつくる」 という事
  • レース終盤まではチームで協力しあうが、最後は自力勝負
  • ラインを組む最大のメリットは「風よけ」と「後続妨害の手助け」

上記の三点を順に話していきますと、まずラインとは何かというと簡単に言うと所属地が近い者同士や先輩後輩など、なんらかの関係が近い者同士で2人から4人程度のチームになる事を言います。

keirin-line-001

競輪は基本的には9車なので、通常ですと3人1組のチームが3つできるわけですが、この3チームがそれぞれチーム内同士協力しあってレースを有利に進めるように作戦を考えるわけです。そして、この同じチーム内の選手はレース中基本的に縦一列に並んで走行する事が多いです。

ラインでチーム戦にすることの最大のメリットは、縦一列で並んで走るため、2番目以降の人は前の選手が風よけになってくれるので走行中の風の抵抗が少なくなり、スタミナを温存できます。そして、先頭を走る選手にとっても自分が風よけになる事で二番手以降の人が、後続から上がって来たライバルチームやライバル選手を右に左に車体を揺らしてルールの範囲内で妨害をするわけです。

keirin-line-002

こうして持ちつ持たれつの関係を保ちながら、レース終盤に進むと、ラインでのチーム戦の甲斐あって、必ずではありませんが他のラインの選手たちが「ラインごと勝負圏内から脱落」して行くわけです。それぞれの長所短所を補い合えるチームを組み、他のチームをひと塊で脱落させるわけですね。

keirin-line-003

これが9人の選手がそれぞれ好き勝手に自分の力だけで走った場合、風の抵抗を正面からモロに受けてしまいますし、後続から追い込んで来た選手をブロックしてもらえないため後ろで脚を溜めていた選手が単純に有利になってしまったり、飛び抜けて自力のある選手以外勝てなくなってしまいます。

なので、ある程度自力のある選手がライン内での先頭を引き受け(これを先行と言います)て、自力勝負になると分が悪い選手は先行する先頭の選手の二番手・三番手に付いて後続からの追い込みをブロックする代わりに、先頭選手を風よけにさせてくださいという利害関係ができあがるわけです。

つまり、先行する選手というのはチーム内ではリーダーであり、このリーダーの能力が高いのか低いのかは非常に重要であると言えます。なぜなら弱いリーダーの後ろに付いていても風は避けられるものの強いリーダーのいるチームには追いつけないし、抜かされてしまいますよね。

かと言ってあまりにリーダーが強すぎると、二番手三番手の選手が置いてけぼりを食らってしまい、前車との間隔が広がれば広がるほど後続車は風よけ効果を得られなくなり、風の抵抗でスタミナを削られて失速してしまいます。

なので、競輪予想のセオリーとしては「強いリーダーのいるチームのメンバーを中心とした車券を買う」という事になります。そして、リーダーと二番手以下の能力差が大きすぎる場合は、リーダー以下の選手はあまり信用しすぎない事が重要になります。

チームのリーダーが強いのかどうか、それを判断するには得点率などが目安になる場合もありますが、やはりそれだけでは判断材料としては弱く、どうしても普段から数多くのレースを実際に見て、各々の選手がどのようなレース振りなのか?という事が「肌感覚」として自分にあるかどうかが重要になります。

ある程度の期間に蓄積したレース観戦経験から導きだされた「選手への格付け」が重要なんです。これが車券の当て方の大きなポイントだと言えます。競馬の予想ソフトが数多くリリースされているのに対して競輪の予想ソフトが殆ど存在しないのは、こういった数値化できない予想ファクターが重要だからです。

これは機械には苦手な作業で、人間が得意とする分野なんですよね。男の子なら経験があるかも知れませんが、学生時代の同級生などと実際に殴り合いのケンカはした事が無いけれど、なんとなーく「あいつは自分より強い」とか「こいつは自分より弱いだろうな」という事が肌感覚としてありませんでしたか?

あの感覚、機械で再現しようと思ったら無理だと思います。機械が得意なのは学生時代の例えで言えばテストの点数だとか、そういうくっきり数値化できる事を蓄積して分析するのは得意なんですよね。

まずは数多くのレースを見て、できるだけ多くの選手の脳内格付け表を作っていく事が車券で儲けるためには必要不可欠だという事です。

競輪必勝法研究の集大成!

先日、岸和田競輪場でほぼ全レース的中を実現しました。そんな私の競輪必勝法研究の全てをぶち込んだ渾身の1冊競輪必勝法の考察好評公開中です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする