競輪2車複とは

2車複とは競輪の車券で『1着2着を順番を問わず当てる車券』の事で、競馬で言うと馬連に相当する券種となります。

2車複は何通り?

2車複は9車立てなら36通り、7車立てなら21通りとなります。

2車複の平均配当

2車複の平均配当は9車立てなら2700円(理論値)で、7車立てなら1575円(理論値)となります。

2車複のシェア

2車複は車券全体のシェアで言うと1%程度しか売れていません。

ですが、多点買いを好まず、1点に絞って資金を集中させる買い方をする人やビギナーにとっては気軽に買える車券だと言えます。

特徴は当たりやすさ

2車複でオッズが1.0倍〜1.9倍までの車券が的中する確率は何パーセントあるのかを実際のレース結果を集計して調べた事があります。

9車立て

その結果、2車複のオッズが1.0倍〜1.9倍の1倍台のレースは30レースあり、その内その本命の組み合わせで決まったレースは13レースありました。

つまり、2車複でのオッズ1倍台の車券の的中率は43.3%となり、車券を買っているファンのイメージほどは当たっていません。なにせ半分以上飛んでるわけですからね。

7車立て

ちなみに7車立てのレースで2車複オッズ1倍台のレースは13レースあって、この内本命で決着したのがたったの3レース。7車立てはラインで決まる、7車立ては安い、と言うイメージとは違ってオッズ1倍台に支持されるような目でも23%しか当たっていません。

車券回収率も33%しかありませんから、7車立てだから固く収まるだろう、固く収まるなら大金突っ込んで大勝負してやろう…と言うのは大間違いだと言う事がデータから見てとれます。

意外と7車立ての1倍台来ない

7車立ての方が組み合わせが少ないのだから、波乱は少ないイメージがあるけど、実際には9車立ての1倍台の方が信頼度は上です。

9車で1倍台になる組み合わせは本当に能力が抜けた存在で、7車立てのレースは基本的に下級レースが多く車券の売上が元々小さいので簡単に1倍台が発生するから。

2車複1番人気の出現率

2車複のオッズレンジ別の的中率と回収率を調べた事があります。

オッズ 的中率 回収率
1.0-1.9 43% 68%
2.0-2.9 29% 66%
3.0-3.9 21% 70%
4.0-9.9 32% 153%

理論的な平均回収率は75%程度になるはずなので、上記のデータを見ると「オッズが低い時ほど実際の勝つ確率よりも必要以上に賭け金を積まれている状態」だと言えます。

オッズ4倍以上の、やや頼りなく感じる1番人気の方が、結果的には車券の成績にプラスになっているのは面白いですね!

競輪必勝法の詳細を読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする