競輪ヨーロッパとは

競輪では4番・6番・8番の車番は格下と言うか能力的にやや不利な選手に割り当てられる習慣があります。この468を語呂合わせでヨーローッパと呼ぶわけですね。

どうして468の車番に格下の選手を割り当てるかと言うと、競輪は枠番連勝式の車券を今でも発売していますから、枠番号で4枠5枠6枠には2選手ずつが同枠。

ランダムに選手を振り分けると4枠5枠6枠が出目として多くなるため、各枠の偶数番号には弱い選手を入れて、枠番号の出現率を均一化するのが目的です。

昔は車券の組み合わせ番号ごとに窓口があって、現在は1−2・1−6と言う枠複を買おうと思えば1つの窓口に1枚のマークカードを差し出せば終わりますが、昔は1−2専用の窓口に並んで1−2を買ったあと、次に1−6の窓口に並ばないといけなかったんです。

だから、あまりに枠番によって出現率が違ってくると、456枠がらみの窓口ばかりが混雑してしまうので、車券が買えない人も出てきますよね。

でも、今はマークカード1枚で済むので、別にヨーロッパに弱い選手を配置する意味は無いのでは無いか?と思うかも知れませんが、でも6番7番8番9番に強い選手が固まってしまうと、枠複の5−6などはオッズが1.0倍になる可能性があります。

1.0倍だと配当金の計算ルールの都合上、場合によっては競輪場の収益がほぼ無くなるし、的中したファンの人も楽しくはありませんよね。

7車立てでも6番車に格下が入っていましたが、ミッドナイト競輪では1番から順に強い選手が入るようにルール変更されたので、今後は7番車が出目として低くなりますね。

競輪必勝法の詳細を読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする