競輪3連単の平均配当

競輪の三連単の平均配当は9車立てなら37800円(理論値)で、7車立てなら15750円(理論値)となります。

理論値はあくまで計算上なのですが、実際に統計を取った結果は以下。

競輪の三連単平均配当・統計値

以前に武雄・久留米・小倉・高知・防府のFI以上のグレードで行われた9車立てのレース全198レースを対象に集計して平均配当額を算出してみたところ、36028円となりました。理論上の平均配当が37800円ですから、かなり近い数値になっていますね。

まぁこれは集計する競輪場や集計する期間によっても揺らぎがあると思いますけどね。で、平均配当が大体3万円台だとわかったので、よし!じゃあオッズ300倍台の車券ばっかり買えばよく当たるな!と考えるのは早計です。

配当レンジ別占有率

平均配当はあくまで平均であり、低い配当や、高い配当が平均値を動かしてしまうため、実際に「よく出る配当域」と平均配当が感覚的に一致しているとは限りません。

競輪3連単の配当レンジ別出現回数グラフ

上記のグラフを見ると、どの配当レンジが一番出現しているかよくわかります。

平均配当の3万円台後半の金額よりも2000円から3万円までの間の配当額で決着するケースが多いようですね。さすがに3連単になると1000円未満の配当金はかなり稀。

競輪必勝法の詳細を読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする